最近のコメント

    Googleの広告が掲載されない理由とは

     

    Googleアドセンスを取得したからといって、すべての記事にGoogleの広告が表示されるというわけではありません。記事によってはGoogleの広告が掲載されないこともあります。ここでは、Googleの記事が掲載されない可能性のある内容について紹介します。

    1.暴力的な内容
    暴力的な内容について書いている場合、Googleの広告が掲載されない可能性があります。例えば、歴史や戦争について書いた場合、記事の中に殺人、殺害、殺す、などという表現が出てきたらそれが引っかかり、Googleの広告が載らない可能性があるのです。たとえそれが歴史に関する記事であったとしても、そのような単語があると引っかかってしまいますので、「命を奪う」などとマイルドな表現に変えましょう。

    2.医療の治療に関する内容
    具体的にどこまでがオーケーかという事は明らかにされていませんが、医療に関する内容や治療に関する具体的な内容を記載するとGoogleの広告が掲載されないこともあります。例えば、不妊治療をしている人などは医療に関して記載することが多く、たとえそれが不妊治療に関する経験談であったとしても、それが治療に関する内容だからということで広告が掲載されないこともあります。

    3.性的な内容
    性的な内容について記載している場合も広告が掲載されない可能性があります。まず、アダルトな内容の場合はそもそもGoogleアドセンスが取得できないことが多いですが、1本の記事だけにアダルトな内容が書かれているという場合、その記事にのみGoogleの広告が載らないことがあります。これは不妊治療でも同様で、不妊治療の場合は神経の内容であったとしても性的な内容になりかねないことがありますので、注意が必要です。

    4.画像に問題がある場合
    Googleのフィルターに引っかかるのは文章だけではありません。もしも露出が多い写真などを使っている場合、それが引っかかってGoogleの広告が掲載されないこともあります。無料素材の写真であればまず問題はありませんが、自分で撮影した写真等の場合、他の人の肖像権を侵害している写真が掲載されていたりするとGoogleの広告が載りません。

    5.広告の掲載には時間がかかる場合も
    特に新しい記事の場合、すぐに広告が掲載されることもありますが、場合によってはしばらく時間がかかることもあります。そのため、新しい記事に広告が掲載されていない場合、数時間待ってみましょう。

    まとめ
    Googleの広告が他の記事には掲載されているのに特定の記事にだけ掲載されていないという場合、その記事の内容に問題があるかもしれません。もしも絶対にその言葉でなければならない、絶対にその写真でなければならない、という場合は仕方がありませんが、記事を読み返して問題となる単語が見つかったら、ぜひ書き換えてみてください。そうすればGoogleの広告が掲載される可能性が増します。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket