最近のコメント

    せどりを副業として成功させるために知っておきたい事とは

     

    ネットを使い副業について調べると、せどりという言葉を見掛ける事が多いです。ただしせどりという言葉は何度か見聞きした事があるものの、その意味をきちんと理解していない人も少なくありません。ちなみにせどりとは、かつては本の売買の方法に用いられていた言葉でした。具体的には本屋で仕入れた本を、その仕入れた価格よりも高値で別の本屋に売って利益を得る行為を表す言葉だったのです。所が本に限らず、ゲームや玩具、レコードや電化製品等でも同様の行為をする人が登場しました。そのため現在では本に限らず、お店で仕入れた商品を仕入れ値よりも高く売る行為をせどりと呼んでいるのです。 せどりの魅力は、本業としてだけでなく副業としても始める事が出来る点にあります。実際にサラリーマンやOLといった会社勤めをしている人達が、副業としてせどりを行うケースは特に珍しくないです。ですが本業ではなく、副業として限られた時間でせどりを行い稼ぐためには、ちょっとしたコツが必要となります。特に重要なのが、仕入れの方法です。 せどりで商品を仕入れるための方法は、大きく分けて2つ存在します。まず1つ目が店舗せどりと呼ばれる方法であり、これは実際にお店を訪れて仕入れを行うという方法です。せどりでは中古品を扱う事も珍しくないため、商品の状態の良し悪しを直に確認した上で仕入れを決断出来るのは魅力的だったりします。ですがその一方で、実際に店を訪れる必要があるので手間が掛かるのです。しかも会社勤めるをしている人は、平日は疲れていたり閉店時間の関係でなかなか仕入れを行えない可能性が高かったりします。お陰で週末しか仕入れが行えず、せどりでろくに稼げないという状況に陥る恐れもあるのです。だからこそ副業でせどりを行う際は、店舗せどりで仕入れるという方法はおすすめ出来ません。 仕入れを行うなら、もう1つの電脳せどりという方法で行うべきです。電脳せどりとは、ネットショップを用いて仕入れを行うというやり方となっています。ネットショップであれば基本的に24時間何時でも利用出来るので、会社勤めをしている人も帰宅後の空いた時間に仕入れを行う事が可能です。更にわざわざ店舗を訪れる手間が省ける上に、全国各地のショップを仕入れ先として確保出来ます。この様に店舗せどりよりも、効率的に仕入れを行えるので特に副業でせどりを行うなら、電脳せどりでの仕入れを選ぶべきです。 ただし実際に商品の仕入れを行う際は、きちんと数字を確認する事が重要となります。この商品ならもっと高く売れそう、という感覚だけに頼ると当てが外れて損失が出る危険性が少なくありません。ちなみに数字とはショップの買取価格、フリマアプリやオークションでの平均価格です。加えて電脳せどりで仕入れる際は、送料が掛かってしまうケースも多かったりします。なので商品の価格にきちんと送料を加えた数字を仕入れ値として、考える必要があるのです。送料を含め忘れるとその分だけ、赤字になってしまうケースもあります。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket